FC2ブログ
 ■ Media info ■
10/6(日)20:00~21:00 SSTV BUMP OF CHICKEN LIVE SPECIAL in QVCマリンフィールド  
10/12(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
10/16(水) 大阪 大阪城ホール
10/17(木) 大阪 大阪城ホール
10/24(木) 北海道 北海きたえーる
10/28(月) 東京 日本武道館
10/29(火) 東京 日本武道館



11/21(土) 「MIXUP」
今夜のゲストはBUMP OF CHICKENの皆さんです。こんばんはー
全員「こんばんはー」
自己紹介お願いします
藤・チャマ「はい! …(かぶってしまったため苦笑)」
藤「はい、はいどうぞ(苦笑)」
チ「じゃあ僕からいきますか?いっていいよw
BUMP OF CHICKENのベース担当の直井由文と!」
藤「えーボーカルギター担当藤原基央と」
升「ドラム担当升秀夫と」
増「ギターの増川弘明です」
よろしくお願い致します
全員「よろしくお願いしまーす」
なんか落としてるいきなりw
チ「ねぇwマイクから離れちゃ~う 入り方がわからな~い 藤君がヘッドホンもうおいちゃうw」
藤「もう落ちたからね」
十年くらいやってる人達とは思えない初々しさが漂ってますけど
藤「あぁこういうのけっこう作ってってる」
こんな自然にヘッドホンおとせる演技出来るってすごいですねw
下に置いちゃったもん、ヘッドホン
藤?「もういいかなって。もういいんじゃないかなって。はいw」
お久しぶりですって言いたかったんですけど…
チ「けっこう会ってるんですよ、残念ながら」
おととい
チ「残念ながらね…w」
二年ぶりだからこの場で「久しぶりね!」っていうつもりだったんだけど
藤?「わかりますよ」
そしたら都内のスタジオで、全然関係ない仕事してて、
エレベーター乗る直前に会っちゃったんですよね。まあ縁があると言うことで
チ「そういうことでしょ」
この番組来ていただいた方には私と初めて会ったいきさつなんかもお聞きしてるんですけど…
いつのなにやらもうわかんない
増「たかこさん分かんなかったら俺らの、あれですよ、
情報網は結構、大変ですよ?w」
チ「曖昧だよ~w」
音出会ったのは鮮明に覚えてて、フレイムヴェインのカセット
全員「えぇーっ!」
それを多分、ピロウズの打ち上げかな?スタッフの方が
藤「僕らのスタッフから?」
そう、今度こういうのやるんですよって。それで大ファンになって
チ「ありがとうございます」
フレイムヴェイン、リヴィングデッド…だからアルバムごとにずっと…
チ「タイミングでずっと会ってますよね」
ねぇ。インタビューさせていただいて
藤「一番初めのアルバムからって事ですから、ほんとに…お世話になってます。
ありがとうございます」
あの時だって、19とか?
藤「そうですね。10年前ですからね。19とか20くらいの…そんくらいの」
チ「言うこと聞かなかった」
(笑)私よく、パンパンって手叩いてた
チ「そうだね!」
升「全員同時に喋ってた」
そうそう!覚えてる?その感じは
増「覚えてます。全然覚えてますよ」
はいはい、同時に喋らない!って何度もインタビューの途中で
はい!ひとりが喋ってる時は話聞く!って
チ「今も変わってない」
増「小学校か」
だから久しぶりに会うと、仲良かった先生が昔の生徒に会うのってこんな感じかなって
チ「過言じゃないですよ」
年がそのくらい離れてるのと、たかちゃんって呼んでくれるのが
藤「もう、生徒だって、人間だよ?生徒だよ?」
教えてるって意味じゃなくて、年の差がね
藤「そういうのじゃなくて、ほら、もう、ニョロニョロみたいに見られてる時もあるから」
なにニョロニョロってw
藤?「ほら、ムーミンの周りにいっぱいいる」
チ「すっげえ久々に聞いたw」
藤「なんか電気とかだしたり」
人間として見られてないってこと?w
藤「いっぱいいる感じ?一つ一つにアイデンティティはなくていっぱいいる感じ?」
電気発してる感じは有るけどねw
藤「ちょっと煙たがられるときもあってみたいな。
生徒とか言われるのはもう、全然ありがたい感じで」
ライブ最初に見させてもらったのは下北沢のツーファイブワンだったんじゃないかと
増「当時すごいやってましたね」
あそこが昔のホームみたいな感じで。
ピロウズもよく番組来ていただいてて、そのフレイムヴェインを貰ったときに
私がまだ家に置いてあったときにはやく聴けって言ってくれたのが山中さわおさんなので
チ「ほんとにあたたかい」
ストレンジカメレオンやばいかもって、とっておきの唄聴いて思ったって
藤「恐れ多い」
その後ね、ピロウズの曲をカバー
チ「そうなんです、やらして頂いたんです」
あのおかげで客さんが増えたって
?「そうですか?w」
いやほんとほんと。層が広がったって
チ「でも良かった。俺らがやってお客さん減ったらねw
逆にもう、何にもないよねw
あれ、最初で最後のカバーっていうか、最後じゃないですけど、今んとこまだやってないよね」
それくらいリスペクトしてる人しかやらないと。あれからも5年だもんね。
この番組初登場の方にはラジオのお話も聞くことになってます。
昔、中学の時とか小学校の時とか、ラジオっ子な方でしたか?
藤「ラジオっ子でしたね。今はどうなのか知らないですけど、
昨日のお笑いのテレビ見た?っていうよりも、
昨日のなになに聴いた?っていうのが多かった気がします。中学生時代」
他局でも、番組名でも何でもガンガンいってもらって良いんですけど
藤「言っちゃって良いんですか?
僕が中学の時、僕の周り結構聴いてた人多かったと思うんですけど、友達ね
伊集院光さんのoh!デカナイトっていう。大笑いしながら聴いてましたね。
聴いてたよね?」
升「学校内でも凄い人気があって、投稿して載った奴ってのが先輩にいて」
藤「いたね」
増「学校中がもう神様のように」
升「直ぐ噂が伝わってくるんだよね」
藤「ベースボールクイズっていうクイズがあったんですよ。それに採用されたって」
じゃあラジオの中であのネタ面白かったとか、あんなの読まれてたねとか
チ「ラジオっ子です、ほんとに。受験勉強の時とかね。
~ナイト(聞き取れず)とか聴いてたね」
今度は自分たちが出る側になったわけですが、レギュラー番組もやってて長いですよね
藤「そうですね」
増「なんかね、10年らしい」
どうですか?喋る側っていうのは
藤「でも、その、他のラジオ番組と比べるとほんとにもう、無法地帯だし」
升「でもこれは僕たちがどうこうって言うよりリスナーの直接の反応っていうのが。
割と曲だして感想とかっていうのがあったりとか、
割とやってない、CDをリリースしてない期間でも触れ合う場があるっていうのが、
凄い良いことだなって思いますね」
一言ずつでも、皆さん待ってたと思うので、メンバーから。
じゃあ改めて藤さん。藤さんてw
中途半端になっちゃった、藤くんから藤原さんて呼ぼうとしたのにw
藤「俺も、自分の事か山の事かw はい、でもほんと嬉しいですけどw」
曲について、もしくは待ってくれた皆さんに
藤「曲についてっていうと皆さんもうね。いろんな解釈が人それぞれあると思うので。
この曲ほんとに聴いてくれる方に委ねる部分すごく多い曲だと思うので、
それぞれの感想を持ってくれたらいいなと思うんですけど。
とにかくこう、しばらくのあいだ、リリースとかも無かったんで、
ほんと今嬉しいです。皆さんに聴いてもらえてね」
チャマはどうですか?
チ「ほんとに、似たような事になっちゃうんですけど
僕らとしてはね、2年というのは凄いスピードで過ぎちゃうんですよ。
ずっと音楽と一緒にいるんで。だからそこでツアーやったしね。
集中しちゃってるので、あんまり外に目を向けられないんですけど、
やっぱりこうやってラジオとか出て、たかこさんとかと会って、
聴いてくれる人がいるんだなと思うと、ようやくですね、ほんとに感謝できるというか。
待っていてくれてありがとうと」
チ「あと今初めて聴いてくれた方も多いと思うんですけど、
ぜひともこういう音楽をやってるバンドなので、もし興味を持たれたら、
ちょっとだけでもいいんで、この番組を聴いたりして…
また曲がかかるときがあると思うので、聴いてみてください。お願いします」
ラジオで解禁になってから毎週かかってる
チ「おーっ!!」
藤「嬉しいですねー」
チ「もうどうしよう!どうすればいい俺ら!」
升「どうしようかね」
チ「ヒロそれプレゼントしろ!」
増「こういうのね、あとで贈らせていただきます」
チ「もうだめだ!うん!」
升君からも、待って居てくれたファンの皆さんに一言
升「ほんとにこう、なんか感想とかで待っていたっていうのが来るのが、
それだけで嬉しいって気はしますね。今曲も聴いていただいたんですけど、
願わくば、最近僕らもつい最近手にはいったんですけど、
パッケージというか、ジャケットとかも凄い素敵に仕上がっているので
それもぜひ手にとって聴いてもらいたいなと」
裏と表両方見てくれたら嬉しいなーみたいな?
升「そんで外したらなにが出てくるかなー」
あ、やっぱり。やっぱりそこはね
升「そこはね、やっぱ見て欲しいですね」
増川さんからも
増「はい。みんなと同じような事なんですけど、やっぱりその、
こういうラジオとかじゃないと、曲を紹介して聴いてもらって、お便りも読んでって
ほんと直接的な会話というかね、聴いてくれた方との、そういうのが出来るのは
やっぱライブかラジオかじゃないですけど、普通にしてたら無いですから。
凄いそれはありがたい事ですし、今日はそういう風にお便りも届いてるって事なんで、
凄い嬉しいしちょっとドキドキもしてますね。
ぜひその、1対1で曲と向き合っていってくれたら嬉しいです、これから」

 
[TV/RADIO文字起こし